メニュー

白内障の治療

白内障とは、目の中にある水晶体(レンズの役割をしています)がにごり、視力が低下する病気です。白内障で一番多い原因は、加齢によるものです。特別な原因がなくても年齢とともに誰にでも起こります。各種検査によって、白内障の有無、程度を診断いたします。白内障の程度により、日常生活に支障がなければ点眼等で経過観察、支障が出るようであれば手術を検討します。

白内障の場合、下記のような自覚症状となって現れることがあります。

  • ものがかすんで見える
  • まぶしくなる
  • ものが二重、三重に見える

白内障手術について

 

当院では月曜日または水曜日に日帰り手術をおこなっております。入院手術をご希望の場合は連携病院へ紹介とさせていただいております。
予定を組んでから、手術日までの期間はおよそ1か月前後となります。
手術日の1~2週間前に術前検査、手術に関する説明を行います。
手術当日は眼帯をするため、左右別々の日に手術を行います。
手術翌日、翌々日は必ず診察が必要になります。

手術後の生活の目安

仕事・車の運転については主治医と相談になります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME